自宅にいてもトリコモナスの検査と治療が個人で済ませられる

医療

自宅で検査をしよう

薬

膣トリコモナスは肉眼で見分けることができない原虫(ゾウリムシのようなもの)が膣に入り込み炎症を起こします。性行為による感染が主ですが下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性があります。よって性行為のない女子や小児にも感染の可能性があります。男性の場合尿道への感染であれば排尿により洗い流される可能性があります。女性の場合は膣トリコモナス原虫が膣や子宮頸管に寄生します。男性には症状がほとんどでませんが尿道炎の症状がでることがあります。主な症状は尿道からのうみ、軽い排尿痛です。女性の場合はあわ状の悪臭のつよいおりものの増加、外陰部や膣の強いかゆみや痛みがあります。ただし症状のない患者が20〜50%ほどいてほうっておくと不妊症や流産、早産などがおこることがあります。

明らかに自覚症状がある場合は病院へ行き、早期診断を行うことをおすすめします。パートナーのいる人がトリコモナスの再発を繰り替えず場合はそのパートナーの受診もすすめてください。忙しくて病院肉時間がないという方は自宅でできるトリコモナス検査キットというものがあります。プライバシー重視の匿名でできる検査です。性病検査キットはおおよそ1万円弱ぐらいの価格で販売されています。また治療薬はネットでも通販できるよう売られており、フラジール200mgはメトロニダゾールを成分とする薬です。原虫の感染によって引き起こされる病気の治療に用いられる薬です。抗トリコモナス薬として利用され、トリコモナス原虫に対して殺虫的な働きがあります。料金は1500円ぐらいです。

Copyright ©2016 自宅にいてもトリコモナスの検査と治療が個人で済ませられる All Rights Reserved.

This template downloaded from: Freewebtemplates.com