自宅にいてもトリコモナスの検査と治療が個人で済ませられる

医療

女性は特に注意

医療

トリコモナスという言葉を聞いたことがありますか。普通では知らない人も多いと思います。性感染症の時に、膣トリコモナス症という病気で出てきます。この病気は性行為にて感染する事が多い病気です。性行為のみではなく、下着、ハンカチやタオル、便器、浴室や浴槽などでも感染する可能性があります。男性では、昔から性行為の後に尿道部分での感染であれば排尿により洗い流される事もあるという話はありますが、性器内に原因物質が入り込めば感染します。原因菌は、肉眼では見分けることができない大きさの原虫と言われるものが性器内に入り込み炎症等を起こします。ちなみにこの原虫はゾウリムシのようなものです。感染経路は、女性の場合は性行為により、膣や子宮頚管内に寄生します。女性が感染していたら、女性性器内より男性性器に感染します。

ではこの膣トリコモナス症はどのような症状が出るでしょう。男性の場合は、尿道からの膿などの分泌物や軽い排尿痛があります。トリコモナスの感染が深部に及ぶと前立腺炎や尿道炎なども発症します。女性の場合は、膣や子宮頚管、膀胱や尿道にも感染がおよびます。具体的な症状は、泡状の悪臭の強いおりものや外陰部や膣付近の強い痒みや痛みを引き起こすことがあります。しかし、無症状の人も20%から50%いると言われているために、治療せずにそのまま放置していて卵管までトリコモナスが侵入して、不妊症や早産、重くなると流産の危険性まであります。対処方法は、男性や女性は関係なく病院への受診が確実です。感染の可能性があれば、早くて性行為から約2日から3日で検出ができますが、発症までは約10日かかるので検出できない事もあります。担当科目は、男性では泌尿器や性病科、女性では、婦人科や産婦人科、性病科です。発見されたら約10日間の薬の服用が多いですが、女性ではあわせて膣錠を使用する場合もあります。自覚症状の出ない時もありますので、不特定多数の人との性行為や、コンドームの使用等に注意し感染しないように注意しましょう。

Copyright ©2016 自宅にいてもトリコモナスの検査と治療が個人で済ませられる All Rights Reserved.

This template downloaded from: Freewebtemplates.com